株式会社ダイショウ
セミナー情報

『事務改善セミナー開催のご案内』 -結果報告-

 

【Agenda】
  1. 「土地台帳履歴管理システムのご案内
    株式会社ダイショウ 犬塚 和彦
  2. 「公図検索システムのご案内」
    株式会社ダイショウ 長谷川 誠
  3. 協賛会社展示品の紹介
    株式会社マザーズオークション
    ・株式会社ダイショウ
    ・朝日航洋株式会社
    ・コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社
    ・株式会社ネオ・ジーアイエス
    ・株式会社ムサシ

 

2007年8月23日午後2時から名古屋逓信会館にて弊社主催のセミナーに20名の方がご参加いただきありがとうございました。

会場

今回は、パワーポイントの資料を使い、弊社が新たに開発、販売を開始しました「土地台帳履歴管理システム」および「公図閲覧システム」を中心にご説明いたしました。

展示品コーナーにおきましては、「土地台帳履歴管理システム」および「公図検索システム」のデモンストレーション他に、協賛各社様の最新システムを実際にご覧いただき、今後の参考になったかと考えております。

詳細内容

 

1.社長挨拶

株式会社ダイショウ 代表取締役社長 金ヶ江 大三

社長

今回のセミナーでは当社で開発いたしました公図の検索システムと土地・家屋台帳の履歴管理システムのご紹介をさせていただく予定です。実はこの二つのシステムは、12年ほど前のころではございますが、当時Windowsがまだ3.1のころから自社開発しておりました。特に土地・家屋台帳のシステムは、当時、プロトタイプまでは作ったのですが、これから土地台帳のソフトを売り出してもお客様のニーズは無いだろうということで、打ち切りにした経緯がございます。ところが、今回改めて調べてみますと、関東地域では、大体4割強のお客様は今でもちゃんと、土地・家屋台帳の異動処理をされておられるということがわかりました。台帳をパソコンに格納し、職員で異動処理出来ないかという、お客様からの要望がございまして、去年から開発してまいったわけでございます。また、公図のほうは、簡易版と標準版の二つをご紹介させていただく予定でおります。率直に申し上げますと、ご予算に応じまして、どちらかを選んでいただければと考えております。本日のセミナーが皆様方におかれまして、有意義なものになれば幸いでございます。

 

2.土地台帳履歴管理システムのご案内

株式会社ダイショウ 企画営業部 犬塚 和彦

犬塚部長

今回ご紹介させていただきます土地台帳履歴管理システムは、従来のユーザー様からのご要望を取り入れ、単なる画像のみの電子データ化による保管から電子化後の異動の入力を簡単な操作でどなたでも手軽に使えるシステムを目指して開発してまいりました。
システムの主な特徴は次のとおりです。

  1. 従来の土地家屋台帳をすべて画像化することでこれまでの紙台帳の登記の履歴の閲覧がPC上で可能となります。
  2. 庁内のPC上で簡単に異動作業が行え、これまでの異動処理時間を大幅に短縮できます。
  3. 異動を掛けたデータに新規追加削除のフラッグを付加することでホストの電算に取り込むことも可能となり、異動作業の二重化を解消できます。またデータ化することにより異動の履歴を体系的に管理することも可能となります。
  4. 将来法務局からの電子媒体での異動データを取り込むことにより、税通漏れや入力ミスにより生じていた土地台帳と登記簿との誤謬を解消します。
  5. 五つ目はWebにすることにより合併のあった、本庁と支所との間における土地台帳の検索・表示、印刷がPC上で一元管理できるということです。住民からの問い合わせにも迅速に対応でき事務効率が大幅にアップします。
  6. 紙の台帳を電子化することによりいままであった書庫スペースを削減し、事務スペースの環境が大幅に改善されます。

本システムの使い方としては、台帳の異動加除、税務課内及び他部署での閲覧、窓口での閲覧というこの三点が主な使い方と思われます。システムではユーザー権限という概念を有しています。ログインするユーザーに権限を付加することによって、使用方法に違いを持たせています。

 

3.公図管理システムのご案内

株式会社ダイショウ 企画営業部 長谷川 誠

長谷川部長

今回愛知県を中心とした東海三県において実際に公図検索システムを導入されている自治体の件数や、今後のシステム導入にかかわる傾向を調査した結果、すでにシステム導入済みの割合が約33%、今後検討したいと仰ったお客様と併せるとで35%程度が積極的な取り組みをされていることが判明しました。また、消極的な回答を頂いた内容では、ほとんどのお客様が「予算が付けば導入したい」との考えをお持ちでした。 この結果から、今回のセミナーにおいて、弊社の公図検索システムをご案内させていただくことといたしました。 弊社の公図検索システムの最大の特徴は、「窓口閲覧用の使い方」と「課税調査用の使い方」が出来る機能をもたせております。 また、導入コストを考慮して【Web版標準公図検索システム】と【公図簡易検索システム (Windows版)】の2種類を用意しております。両システムとも庁内LANにより、各クライアントからサーバーに格納してある公図検索システムにアクセスしていただき、運用が可能ですので、本庁の税務課各係り、閲覧窓口、事業課、またネットワークで繋がっている支所等の窓口で複数の運用が同時に可能です。

 

4.弊社および協賛各社展示内容

このページのTOPへ

個人情報の取り扱いについて 情報セキュリティポリシー