株式会社ダイショウ

A”TAXes ソリューション

固定資産課税台帳を管理する課税システムへ法務局から通知される登記済通知書電子データの異動内容をコード変換し、異動処理の大幅な省力化を全国で初めて実現したソリューションです。
当ソリューションは、「登記簿照合」による不一致や遺漏などの誤謬の把握や、「登記履歴管理システム」による登記情報の全庁的な利活用、さらに、登記済通知書電子データを課税システムへ受け渡し、異動処理の大幅な削減を見込むとともに、課税業務全体の大幅な省力化と課税誤りが起らない仕組みをご提案します。
登記に関し35年以上携わる弊社だからこそ、最新の土地・家屋の登記異動データの管理を行う総合的なソリューションの提供が可能です。
課税システムベンダーとの強力なタッグにより、市町村の固定資産税課税業務の効率化を実現します。

全国の地方法務局より、価格通知書の取り扱いについての文書が交付されました。

総務省より、登記済通知書電子データの外字対応についての文書が交付されました。

当ソリューションの導入により、課税異動処理の省力化を80%以上実現できる導入効果として、京都府八幡市課長補佐山本様による寄稿が、月刊「税」に掲載されました。

登記課税連携の導入効果

  • 作業効率化
  •  ○異動物件の自動特定、宛名コードの自動附設
     ○評価分割や附属建物の所有権移転一括処理
     ○次年度の課税異動処理開始時期に左右されない異動
  • 精度向上
  •  ○異動処理漏れ防止、異動物件特定誤り防止
     ○データ活用による誤入力防止
     ○導入年度に連携後の再照合による連携調査を実施
  • 課税適正化
  •  ○データ活用によるヒューマンエラー防止により照合精度を永続維持
※登記課税連携には「登記履歴管理システム」及び「登記簿照合」の導入効果を全て含みます。

登記簿照合の導入効果

  • 作業効率化
  •  ○短納期により不一致調査に余裕のある期間を確保
     ○不一致ごとに分類した報告書により優先順位をつけた調査が可能
  • 精度向上
  •  ○電算突合だけではなく目視照合を織り交ぜた高精度照合
     ○電算化されていない改製不適合物件を照合
     ○土地・家屋・表示・権利の照合を実施
     ○評価分割、敷地権、規約共用物件を照合
     ○家屋照合により課税データ上の家屋所在を登記から作成
  • 課税適正化
  •  ○照合で活用した登記データから登記履歴システムを構築することで
      登記データCSV出力により様々な角度から課税データをチェック

登記履歴の導入効果

  • 作業効率化
  •  ○登記事項要約書電子データを活用して登記情報の基礎データベースを作成
     ○法務局の登記情報をリアルタイムで確認
     ○他課や支所など全庁的に登記情報を閲覧
     ○法務局外字を任意の外字に自動変換
  • 精度向上
  •  ○登記済通知書電子データの活用による異動精度は99%以上
  • 課税適正化
  •  ○登記データCSV出力により様々な角度から課税データをチェック
     ○任意の基準日で登記簿照合を実施

A“TAXesソリューション構成要素

 

 

本製品に関するお問い合わせ


WEBでのお問い合わせ

お問合せページへ

  お電話でのお問い合わせ

  03−6222−3071(企画営業部)
  受付時間9時〜17時
 (土日祝日・当社指定の休業日を除く)

このページのTOPへ

個人情報の取り扱いについて 情報セキュリティポリシー