登記済通知書電子データの外字対応について


 平成28年10月14日法務省民事局民事第二課補佐官事務連絡に基づき、 登記済通知書電子データの外字コード対応及びビットマップ画像添付機能を追加した登記情報プログラムの変更を平成28年10月31日から適用を開始し、法務局との協議が整った市町村から順次対応となります。(登記済通知書電子データに紐付くビットマップ画像の確認手順
 先般、弊社では法務局の登記情報プログラム変更に先駆けて、「JIS第一・第二水準以外の漢字」「変体仮名」「崩し字」「異体字」に対応した法務局外字マスタを構築しました。当該外字マスタを適用した機能改修を、平成28年10月末日までに行います。 平成28年11月上旬から、弊社商品である登記課税連携「課税職人エキスパート9」及び土地家屋台帳(登記履歴)管理システム「異動職人エキスパート7」のアップグレードを実施致します。

 つきましては、法務局からの11月提供分の登記済通知書電子データの取込については、アップグレードまでお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

このページのTOPへ

個人情報の取り扱いについて 情報セキュリティポリシー